今学びたい100人の学問

Interview | 009限目「藤山守重」学

生きる中で培ってきた成功の秘訣とは 学習する教育者に学んでみた

更新日:2015年5月17日

この記事をシェアする

Lecture

藤山守重 Touyama Morishige

七田チャイルドアカデミー代表取締役
~夢、理想を高く持て!!終始一貫~

「全ては今目の前にあることをコツコツとしていくこと。そしてやり続けることが一番大事だよ。」

成功の秘訣を聞くと、返ってきた答えは非常にシンプルなものであった。
「コツコツとやり続けるだけ」というアドバイスには、そのように実行したことのある人だからこその重みがある。

僕が今回会いに行ったのは藤山守重さん。
今年で28年目を迎える㈱七田チャイルドアカデミーの代表取締役。誰にも負けない根性と熱い思いを持った方だ。去年は、九州大学の講義(QRECアントレプレナーシップセミナー)にもお呼びして、受けたことのないような講義を開講していただき、生徒からの評判も良かった。そんな藤山さんの考えに迫りたいと思う。

関連URL:http://www.shichida-taiken.jp/

 

成功の秘訣は終始一貫のただ一つだけ。

幼少時は貧乏な家庭で育ち、3歳から畑仕事をしていたそう。それが当たり前の時代で、藤山さん自身も当たり前と思ってやっていた。中一の時には貧乏な生活から抜け出したいと志をたて、それに向かって頑張っていったよと語ってくださった。

目標に向けて努力し、多くの壁を乗り越えてきた藤山さんに成功の秘訣を聞いてみた。

「成功の秘訣は終始一貫のただ一つだけ。目の前のことをコツコツとやり続ける。そして、小さいことでも達成した時には必要以上に喜ぶ。それが意欲につながるし、自己肯定感にもなるんだよ。」

今、やりたいことが見つかっていない人や、将来に不安がある人でもとにかく目の前のことをコツコツとやっていくと自分の役割が見つかってくるとも話していただいた。

皆さんにとって目の前のこととはなんでしょうか?

コツコツやると簡単に言ってもなかなかできることではありません。まずは、やるべきことを整理することから始めるのも良いかもしれませんね。

思い描いた通りに人生はなります。

成功の秘訣を教えてくれる藤山さんの話では、多くの名前があがった。
ウォルト・ディズニー、藤田晋さん、孫正義さん、吉田松陰、京セラの稲森さん、我喜屋監督…。
藤山さん自身も、「人から学ぶ」ことを実践されている方でとても共感を持った。一番すごいと思った人の考えを聞くと、僕は考えもつかないような方だった。

「私が一番共感したのは、御釈迦さんです。『唯心所現』という言葉は好きで、思い描いた通りに人生はなります。ただ、思い描いた以上のことはできないんです。ここで言いたいのは、損得勘定で選択しないでほしいということ。自分の好きな道、思い描いている道を選択してほしい。」


多くの名前があがるのと比例して、ためになる話もたくさんしていただいた。
一例を紹介したいと思う。

・徹底して人の考えをパクる。いろんなものをパクって、そこに自分なりの工夫を凝らすことで新しいものが生まれる。
・成功者は皆が楽観主義。運がいい人間は、自分は運がいいと思っている。
・物事は複雑に考えない。シンプルに考えることが大事。
・世の中で成功している人は多くの失敗をしている。失敗を恐れるな。
・できるできないではなくて、やれるかやれないか。実践の中で覚えていくしかない。

関連URL:http://www.shichida.ne.jp/

生きているだけで幸せ

最後に「幸せ感」の話で締めたいと思う。

「何を幸せと思うのか、何が幸せなのか。それはとても大切なことです。成功したから幸せなのでしょうか。幸せだと思うから成功しているのです。一番大切なことを忘れてはいけません。私たちは生きているだけで幸せなんですよ。」

何かに躓いたときは、生きているだけで幸せだと初心にかえることの大切さを教えてくれた気がします。
お忙しい中ありがとうございました!

009限目「藤山守重」学
Presented by 今学びたい100人の学問

 

編集後記

仲良くさせてもらっている藤山社長のお話はいつも通りとても楽しかったです(^^)/
話の中にいろんな人が登場しましたが、吉田松陰の話はとても興味深かったです。僕自身、吉田松陰は大好きな偉人の1人で、その考えにはとても共感するところがあります。藤山さんは、松陰が言う「志」とは何かということを教えてくれました。それは、「社会貢献」だそうです。そしてその志を達成するためにも、目の前のことをコツコツとやることが重要だと話してくれました。
本当にお忙しい中、時間を取っていただいて感謝します。ありがとうございました!!

2015/5/17
九州大学 松口健司

この記事をシェアする

関連記事はコチラ

060限目「木綿達史」学

1973年 石川生まれ。1997年 KOO-KI 共同設立。 CM/MV/ゲームオープニング/番組パッケージ/サイネージなど、映像全般をディレクション。 代表作は、WONDA 金の微...

2017/05/08

027限目 「眞鍋海里」学

コンテンツプランナー。みなさんはこの職種を聞いたことがあるだろうか? 今回の学問は「眞鍋海里」学。 外資系広告代理店BBDO J WESTでコンテンツプランナーとして活躍する...

2016/11/24

041限目「あんちゃ」学

1991年生まれ25歳 北海道出身 大学を卒業後、上京してIT企業に就職。しかし、家と会社を往復する人生に飽き退職。現在は、「下ネタは世界を笑顔にする」をモットーに、ブログ界で活躍する...

2016/11/24