今学びたい100人の学問

Interview | 029限目「堀口 悟」学

地域の魅力、宝物を見つける 地方創生を支えるコンサルタントに学んでみた

更新日:2016年11月24日

この記事をシェアする

Lecture

堀口悟 Satoru Horiguchi

ランドブレイン株式会社 福岡事務所 地域活性化コンサルタント
~いつまでも、地域の黒子~

最近、話題となっている“地域創生”。

堀口さんはその”地域創生”に、リアルな現場で関わっていらっしゃる方です。
地域のために黒子になって働く堀口さんに伺ってみました。

 

九州の地方都市

―堀口さんの所属する会社はどんな活動をしていらっしゃいますか?

まず所属している会社がどんな会社かと言うと、地域活性化のコンサルティングを生業としています。

クライアントは行政だけど、真のクライアントは地域に住む人。
地域が困っていることを聞き出して、課題解決の方法を考え提案することがお仕事です。

いま、九州の地方都市や農山漁村には、実はいろんな困った問題があるんだよね。
例えば、中心市街地に空き店舗、集落に空き家が増えているとか、山村の農家や離島の漁師に後継ぎがいないとか、集落の半数以上が高齢者で、地域の清掃や祭りが維持できないとか。

そんなとき、問題や課題を整理し、10年後の地域のためにプランを立てる。
そのプランの実現に向けて、一歩目のアクションを踏み出せるようなお手伝いをする。

地域に住む人と、一緒に考えながら走る、まさに伴走型のコンサル。

また、別の角度でいうと、そんな地方の現場で培った経験を活かして、地域を元気にする。
地域発の面白い取り組みを、国の各省庁に伝えることや、それらをもとに国に対して政策・施策の提言を行う機会もあるんだよね。

―堀口さんはどんな活動をしていますか?

福岡県田川郡に川崎町というまちがあるんだけど、「かわさきパン博」って、聞いたことないかな?
川崎町は、「パンでまちおこし」をがんばっているまち。

ちょうどいま、そのまちで「地域おこし協力隊」の募集支援をしてます。
「地域おこし協力隊」とは、総務省の過疎対策室というところが行っている制度です。
都市に住むスキルを持った人が、過疎地域に移住し、地域の課題解決を担うというもの。

実際に川崎町では、観光協会や農産物直売所・町役場に着任してします。
そして、観光交流事業の企画・運営や、売上アップに向けた直売所の改善、町外への新たな観光情報の発信などを行っていく予定だね。
先日は東京で募集活動をしてきたよ、ブースに「パン」をぶら下げてね。(笑)

―ご自身でも地域の歴史の勉強をされるのですか?

やっぱり地域の歴史なのかな。
それと、ひと。

人口減少が進む社会のなかで、時代は地域同士の勝負になってきた。
「そこにしかないもの」を突き詰めていくと、歴史にたどり着く。
B級グルメとか、ゆるキャラ、○○サイダーみたいな流行りものじゃなくて、地域の価値の本質を、地域のみんなで見つめ直す作業が、大事なのかなって。

また、元気な地域には、必ずといっていいほど、元気な女性がいるんだよ。
川崎町の近くにある赤村にも、特産物センターの女性加工グループAKB68(AK: あかの B: ばっちゃんorべっぴん 68: 平均年齢68歳)があって、注文があったら、深夜/早朝を問わず、弁当や総菜を一所懸命に作ってる。
「頼まれたら、絶対イヤとは言わない」が、代表の中原さんの口ぐせ。

僕らにしか味わえない幸せ

―すごくやりがいを感じれそうなお仕事ですね!

この仕事をやっていて、あぁうれしいな!って思う瞬間があってね。
お仕事を通じて、いろんな地域のお母さん方とつながりができて、赤村のAKB68のお餅と、熊本河内のおに嫁みかんで、年が越せたとき。

これって、僕らにしか味わうことができんのかなって。
その人の顔が浮かぶからね、そのものの先に。
つながりを感じられることって、本当に豊かで幸せなこと。

ずっと思っていたら、できる。

―今の活動をするに至ったキッカケとは何だったのですか?

僕は地元が岐阜で、名古屋の大学で土木を専攻してて、まちづくり系、詳しくは交通計画の研究室にいたのね。
主には、公共交通を研究するようなところに。

でもね、実は小学生のころからの夢は、「旅行会社」で働くことだった。
旅行が大好きだったから、ツアーの企画がしたかった。

学生の時にOB・OG訪問で、旅行会社の先輩に5人くらい話を聞きに行ったのね。

「旅行会社やめたほうがいいよ」とだれもがオススメしてくれなくて。
「ツアーのプランニングができるのは、ほんの一握りだからね」
「給料低いよ」
「クレーム多くて、大変だから」
と言われて「こんなつらいんだ旅行会社は!」と思ってあきらめた。

それで、研究室の先生から、学校推薦をもらって、ハード系のまちづくりコンサルを受けにいったんだけど、学校推薦をもらった人が15人くらいいて、採用枠はたったのひとつ。

それで落ちてね、もう自暴自棄になってさ。
夏に大学院の試験を受けたんだけど、それも落ちたんよ。
自分のなかで、動機がはっきりしてなかったから、全然勉強してなかった。

途方に暮れてた矢先、遅い遅い秋の面接で、いまの会社に拾ってもらったの。

社長に面接の場で、
「希望する名古屋事務所は人が足りてるから、九州なら採用するけどどう?」
「まちづくりの技術者としては能力が足りない。営業マンだけどいいか?」って。

でも、選択の余地がなかったから、「わかりました」って。
会社に入れたこと以外、希望が叶わないまま、初めての土地福岡に。

気がつけば、九州で結婚して、技術者としての仕事もさせてもらえてる。
また、小学生のころからの夢が、実はいま叶っているの。
まちづくりの面から、地域の観光に携われているんだよ。

消費者側の旅行会社が考える観光より、地域側の魅力を見出して、伝えていく観光の方が、よっぽど面白い。

ずっと思っていたら、できるんだなって。
覚悟を決めて、会社に入ってよかったなぁって、いまになってじんわり思ってる。

―大学に入るときから、まちづくりがしたかったのですか?

いやー、そういうわけじゃないんだけど。振り返ると、あんまり考えてなかったのかも。

でもね、無駄なことって、ひとつもないと思うよ。

できることは、いまある環境を精一杯楽しむこと!

つまらんって嘆くより、できることにフォーカスしたいよね。

そうすると結果として、やりたいことができるようになるっちゃないかな。

求められるのは学生の若いエネルギーとや新しい切り口の発想

―最後に学生に向けてメッセージをお願いします!

地域はいま、学生の若いエネルギーとか、新しい切り口の発想を求めてる。
僕らは、地域活性化の専門家として地域に提案するけど、学生だってある意味「プロ」なんだと思う。

地域を知らないからこそ、若いからこそ、女性だからこそ、農業を知らないからこそ、しがらみに囚われない斬新な発想ができる。

地域の魅力に、地域の宝物に、気がつけたりする。
それが強みなんだと思う。
それが、地域活性化の突破口になる可能性がある。

学生にとっても、地域での経験は、学校では学べないからこそ、就職活動などに役に立つと思う。

だから、積極的に地域に飛び出してもらいたいなぁ。

また、いつか地域活性化コンサルタントという職業が、大学生にも、さらには子どもたちにも、認知される職業になるとうれしいな、と思ってます。

029限目「堀口 悟」学
Presented by 今学びたい100人の学問

 

編集後記

地方創生に関わっていらっしゃる堀口さんのお話から、そのリアルに迫ることが出来て貴重な経験となりました。

九州かーちゃんサミット や、 AKB68のお話など、各地域で活躍していらっしゃる方々のお話も伺うことができ、自分もプロの学生として何かしたいと考えるようになりました。

堀口さんの優しい口調の、九州各地の方言の混ざった言葉が、堀口さんの努力の結晶だと感じました。

お忙しい中、時間を取っていただきありがとうございました。

2016/2/12
九州大学 金子雄仁

この記事をシェアする

関連記事はコチラ

035限目「中村圭一」学

中村圭一 Keiichi Nakamura 1984.3生まれ。32歳。福岡県糸島市出身。 学生時代は社交的になりたい引っ込み思案の性格で臨床心理の道に進学。大学卒業後は医療...

2016/11/24

016限目 「坂本剛」学 

「無駄なことは何もなかった。今振り返ると全部つながっていた。」 福岡の観光地である福岡タワー、ヤフオク!ドームが立ち並ぶ百道浜。その百道浜に今回伺ったQBキャピタル合同会社のオフィ...

2015/09/14

045限目「白田直也」学

1987年生まれ 神奈川県出身 中学生のころから教員を志して東京の大学に入学。就職活動を経験し「卒業後すぐ教員になる」という考えから一転、2010年に民間企業である楽天へ。入社1年...

byぺの
2016/11/24