今学びたい100人の学問

Interview | 051限目「吉田佳寿美 」学

美しさを追求するアーティスト

更新日:2017年1月7日

この記事をシェアする

Lecture

吉田佳寿美 Kathmi Yoshida

EMOGRA.inc 代表取締役
〜自分だけの人生を〜

1993年9月13日生まれ
高2の頃イラストレーションや商業デザインをメインに、ソーシャルやイベント系の企業や個人クライアントから制作受注。リアルイラストレーションからデフォルメやデザインまで見た物を応用して、新しく作り出し美しさや魅力的な理想を追い求める。

まえがき
今は拠点を東京において活動している佳寿美さんの出身地は福岡。まだ成長段階だからこれからが勝負だと語っていただいたその目には、勝負強さと決意が感じられました。アートに興味のある学生には必見の学問です。051限目に迫りたいと思います。

関連URL:http://kathmi.com/?page_id=97

 

誰かに喜んでほしいから描く

—現在の活動内容を教えて下さい。

東京を拠点にアーティストとして絵を描いています。主に女性を描いています。アーティストと名乗っていますが、私自身まだまだ成長段階で、学ぶこともたくさんありますので、謙虚な姿勢は大事にして活動中です。

—“描く”ことに興味を持ったきっかけはなんですか?

中学生くらいの時から、リアルな絵を描くことに興味を持ち始め、漫画だったりギャル系だったりという絵を描いていました。その中でもガールズイラストが中心でしたね。
絵に興味を持ったきっかけとしては、私の親が印刷会社を経営していて、小さい時からカラーチャートがあるような家庭だったということが大きなきっかけかもしれません。小学校の時には家にパソコンがあったので、ペイント機能で遊んでいるような幼少期を過ごしていました。

アートとは言語化できないもの

ー描くことを職業にしようと思ったきっかけはありましたか?

最初のきっかけは高校生のときにWebで発表していたらお仕事になったことでした。高校生の時は、『絵を描くのがカッコ悪い』と思っていたり、『俺アーティストになるぜ』みたいな感じが嫌だったりしました。リアルの世界で自分が絵を描いてることを知らない人が多かったと思います。Web上で絵をアップしてお小遣い程度ですがお金になったことに感動を覚え、高校3年生の時に、美術大学に行こうと決心して、九州産業大学に行くことにしました。そのあと武蔵野美術大学に3年次編入しました。大学では、自分をいろんな方法で発信している人が多くて、ものすごく刺激のある生活を過ごしましたね。

大学2年生の時に、東京の友達から、『なんで君は絵が上手なのに牛丼屋で働いてるの?!』と言われたことがありました。その言葉が自分の中では、一つのきっかけとなり、絵を描いてお金にする術を整えていこうと思い、そこからいろんなイベントやコミュニティに参加するようになり、SNSで発信し、様々なつながりから仕事を振られるようになりました。

ーそんなかすみさんにとって“アート”とはなんですか?

“言語化できないもの”です。言語にはできないけど、心に響くもの、それが私はアートだと考えています。いろんな複雑な思いもアートで表現すると簡単に一枚で表現できてしまいます。みんな絵は描けるし、下手でも伝わるので、私はみんなアーティストだと思っています。

人からもらった恩は倍返しで返す

ー今後の展開はどのようなことを考えていますか?

まだまだ私は成長段階ですが、将来したいこととしては、世界中の広告をジャックしてみたいです。ブランドとのコラボでもなんでもいいのですが、自分が描いて表現したものが、誰かに共感して感動してもらえると嬉しいんです。
世界という観点で考えると、世界の様々な異色の文化が詰まったニューヨークに行ってみたいです。また、私は生まれた時からパソコンを触っていた人間なので、IT系で有名なカリフォルニアにも興味があります。繰り返しにはなりますが、まだ成長段階なので、たくさんのことをいろんな地域で学びたいです。

ー最後に学生に伝えたいメッセージをお願いします!

まず私の信念ですが、『人からもらった恩は倍返しで返す』ということです。多くの人に恵まれて、今の立場があるので、その方々への感謝もこめて恩返しできるような人間になりたいです。そのためにもまずは自分が力をつけることが大切だと思います。
学生さんに向けては、『苦しい時は、違う世界を覗くのもありかも。』ということを伝えたいです。あまり自分の世界に入り込みすぎないように、立ち止まったり、苦しい状況になった時は違う世界を覗くこともたまにはいい刺激になったり、すっきりするきっかけになったりします。多くのことに興味を持って頑張って下さい!

051限目「吉田佳寿美 」学
Presented by 今学びたい100人の学問

 

編集後記

取材時は現役大学生だったかすみさんは、会社を立てちゃったあとなんと大学をやめちゃったとか!?笑
自分の芯をしっかりと持って、謙虚に学ぶことを忘れない姿勢に本当に尊敬できる方だなと思いました。今後、多くのアートの場で活躍されるであろうかすみさんを取材できてよかったです!お忙しい中ありがとうございました!

2016/8/9
九州大学 松口健司

この記事をシェアする

関連記事はコチラ

056限目「角田千佳」学

1985年生まれ 東京都出身 慶応義塾大学を卒業後、証券会社に就職。その後、IT企業への転職をしたのち、2013年、株式会社エニタイムズを創業。 エニタイムズは、個人間スキル...

2017/02/20

057限目「黒木翔平」学

1992年生まれ 宮崎県出身 熊本大学の文学部に在学中、ワーキングホリデー制度を利用して約1年ドイツへ留学。 日本に帰国後は、主に九州の学生を対象として留学サポートを行う学生団体...

byぺの
2017/03/15

058限目「野田遥」学

1989年生まれ 山口県出身 農業職で福岡県庁に勤められている野田さん。 学生が取材という形で企業に訪問し、企業取材と記事作成を通じて、中小企業ならではの魅力に気づくことのできる...

2017/04/17