今学びたい100人の学問

Interview | 015限目 「松本弘介」学 

日本文化を継承する 独立なんて考えてなかった起業家に学んでみた

更新日:2015年9月13日

この記事をシェアする

Lecture

松本弘介  Kosuk Matsumoto

和のコーディネーター
~居場所の創造と提供~

日本最大級の社長紹介ポータルサイト『福岡の社長TV』の運営し、創業当時5名だった会社を約4年で従業員120人の社員を持つほどまでに成長させ、社長室室長も務めていた。
自ら立ち上げた『晩飯会』という交流会では、今までで約5000人の参加者を動員している。
現在、和のコーディネーターとして、日本文化の継承に力を入れており、また学生のことを本気で応援するために様々な活動をされている

 

学生を本気で応援します!

ー現在はどんなお仕事をされているのですか?

「現在は独立して、和のコーディネーターとして日本文化の継承に力を入れています。
具体的には、神社仏閣や忍者村などをもっと多くの方にひろめたいという思いでやっています。独立を考え始めたときにある起業セミナーに参加しました。ただ、実際に起業していない人から起業の話を聞くことに違和感を持ってセミナーを抜けだし、工芸品を売っていた店に入ったのが、和の文化に携わるきっかけになったんです。その店を経営していた老夫婦と仲良くなり、
話を聞くと、工芸士の人たちが食っていけてない現実を知りました。もともと和の文化というものを大切にしていたのでその時の話は心に刺さりました。そんな日本文化の継承という素晴らしい活動をしている人を応援したい気持ちが現在は一番大きいです。」

工芸士がいなくなるとそこで一つの文化が失われる現実があるということを僕自身も初めて知りました。その現実を知ったのがセミナーを抜け出したこととはまた運命的です。(笑)では松本さんが独立を考えたきっかけを聞きたいと思います。

ー独立のきっかけを教えてください。

「正直学生時代の時なんかはバイクを乗り回すか、バンド活動をするかの2つで自分が将来独立をするなんて考えたこともなかったです。ただ就職をしていくつかの職を転々としていたのですが、そんな時に『福岡の社長TV』に出会いました。その運営会社で働く中、のべ6000人の社長さんと関わらせてもらいました。いろんな社長さんと仲良くなり楽しく話をする中で、仕事の話になるとついていけない自分がいました。それが悔しかったのが独立をする一つのきっかけです。それまでに3ヶ月1日も欠かすことなく毎日3人の人とアポをとっていた経験もあり、人とのつながりが現在の活動の原動力となっています。」

1日3人とのアポイント。それ自体難しいことですが、それを3か月続けていたのは本当にすごいことです…。そんな松本さんの信念のような軸となる思いはなんなのでしょうか?

ー松本さんの信念を教えてください。

「私は『居場所の創造と提供』というテーマを自分の中で持っています。若者にもっと自分の居場所やテリトリーを持ってほしい。それは物理的でもあり精神的に落ち着ける場所。人はそれぞれに違うのですからその場所も人それぞれ違うはず。周りの目を気にする必要なんてありません。また人にはいろんな自己満の形がある。ものを買うことが自己満の人、利益を得ることが自己満の人、些細なことで満足する人もいればそれを不満だとさえ感じる人もいる。私の場合は、人と人をつなぎ合わせたときの化学反応を見ることが自己満なんです。これはわかる人にしか分からないのですが…(笑)それを考えることでワクワクします。」

僕自身もこの活動に対する思いが似ていたりするのでとても共感します!居場所の創造と提供というテーマは、松本さんが一人一人と真剣に向き合っていることを意味しているテーマだと僕自身は感じました。
最後に学生に伝えたいことを聞いてみました。

プロフェッショナルになることの大切さ

ー学生に伝えたいことを教えてください。

「今まで生きてきて思うことは、学生時代ほど自由が利く期間はないです。人生で一番自由が利き、体力がある学生時代だからこそできることをやっておくべきだと思います。また、これからの時代は今ある仕事がなくなり、みんなが独立して生きていく時代になります。ここでひとつ言いたいのは、プロフェッショナルになることの大切さです。そのためにも自分と同じ思いを持った人に会いに行くことが大切だと思います。あとはインプットすることも大切ですが、アウトプットすることも大切にしてください。アウトプットする人は意外といないので、アウトプットを意識することはそれが直接他の人との差につながります。ぜひ、学生という期間を大切に過ごしてください。本気で学生のことは応援しますので!!」

015限目 「松本弘介」学 
Presented by 今学びたい100人の学問

 

編集後記

松本さんはこれまでに約6000人の社長と出会ってきたという点で、Loquiももっと取材していきたいなと感じたと同時に、「人」から学ぶことの大切さを実践レベルで同感してくれました。学生を応援したいと考えている社会人の方は多くいる中で、松本さんは行動レベルでの応援を考えていたのでこれから少しでもお力になれればと感じました。お忙しい中ありがとうございました!

2015/9/18
九州大学 松口健司

この記事をシェアする

関連記事はコチラ

043限目「小野里寛子」学

1981年生まれ 群馬県出身 子供の頃から“働く”ことに興味があり、好きなことを仕事にするという思いが強かった。高校卒業後、東京の専門学校に進み、ファッション関係の会社に就職。将来...

2016/11/24

045限目「白田直也」学

1987年生まれ 神奈川県出身 中学生のころから教員を志して東京の大学に入学。就職活動を経験し「卒業後すぐ教員になる」という考えから一転、2010年に民間企業である楽天へ。入社1年...

byぺの
2016/11/24

037限目「長田政也」学

1992生まれ24歳 熊本県出身 大学生のころに、自分で学生団体を設立したり、多数のイベント運営を行っていたりと、多岐にわたって活躍。学生時代の経験からキャリア支援に志すことを決め...

2016/11/24